融着接続機 関連製品
製品画像

クラッド調心融着接続機
41S Kit

41Sは光ファイバカッタCT50との無線通信機能を搭載しています。双方向通信により、光ファイバ接続前の端面角度検査においてエラーが頻発する場合、切断刃が摩耗していると判断し、融着接続機から切断刃のポジションを自動回転させるなどの便利な機能が内蔵されています。
また、特別な操作なしで補強スリーブの位置を調整することができる「補強スリーブ位置決め機構」を持つ新設計のシースクランプを搭載しています。

カタログダウンロード

特長

V溝可動方式の融着接続

V溝可動方式により、光ファイバのクラッド軸を正確に整列させ、常に低損失融着接続が出来ます。

                          V溝可動による光ファイバ調心後

光ファイバカッタとの連携

1.切断刃の自動回転機能

光ファイバ融着接続機41Sと光ファイバカッタCT50は無線通信機能を搭載しています。双方向通信により、光ファイバ接続前の端面角度検査においてエラーが頻発する場合、切断刃が摩耗していると判断し、融着接続機から切断刃のポジションを自動回転させるなどの便利な機能が内蔵されています。

 

2. 切断刃の状態管理

融着接続機とカッタを無線通信でリンクさせると、現在の切断刃のポジションおよび各ポジションにおける光ファイバ切断本数を管理することができます。また、切断刃を使い切ると融着接続機のモニタに交換メッセージを表示します。

使いやすさの向上

1. 簡単な補強スリーブ位置決め 

シースクランプ外側から融着接続点までの距離が30mmで設計されていますので、融着接続後にシースクランプ外側の光ファイバ把持し取り出します。指の位置まで補強スリーブを移動させるだけで60mm補強スリーブの中央部が接続転上部に移動、簡単に位置決めをすることが可能です。

2. 電極棒交換の簡易化

電極棒は、固定ネジと一体化されていますので、工具を使わずに手でネジを回して電極棒を簡単に交換できます。

 ネジを緩める  

 ネジを締める 

 古い電極棒を取り外す 

 新しい電極棒を取り付ける 

 

3. 汎用加熱器

41Sは小型補強スリーブ(FPSシリーズ)から最大直径6mmのドロップ/インドアケーブル用補強スリーブを加熱収縮することが可能です。

4. 作業トレイ

本装置のキャリングケース、作業トレイを使用することで様々な用途に応じた作業環境を作れます。

5.メンテナンスの簡易化

光ファイバカッタCT50は、お客様ご自身で切断刃とクランプアームの交換を行うことが可能です。CT50をサービスセンターへ返送する必要がありませんので、メンテナンスコスト削減と作業中断時間の短縮を図ることができます。

クランプアームの交換

切断刃の交換