融着接続機 関連製品
製品画像

多心光ファイバストリッパ
RS03/03-80

RSシリーズは、被覆除去工程において、引抜力を低減させるなどの、操作性や使い易さに重点を置いて設計、開発されました。オプションのスペーサを使うことで、短口出し(3mm~5mm)も可能です。ファイバホルダはFH-100シリーズに対応しています。 RS03には、従来型の6倍にあたる、約600回の被覆除回数が可能な高容量バッテリの様な新しい特徴を備えています。さらに各種作業条件設定をより簡単に行うためのスマートフォンとの無線通信など、様々な新機能を搭載しました。


ラインナップ

 RS03RS03-80
適用クラッド径125μm
80μm
適用被覆径200 ~ 400μm
100 ~ 150μm
バッテリ駆動可能

特長

使いやすさ

1. 被覆除去力時の引抜力の低減

多心光ファイバストリッパRSシリーズは、人間工学に基づいたデザインを採用しています。また、従来機と比べ約25%低い引抜力で被覆除去作業を行うことが可能です。

人間工学に基づいたデザイン

従来モデル

RSシリーズ

被覆除去時の引抜力比較

2. 多心光ファイバストリッパの管理

接続モード変更時(例えば12心融着モードからSWRモードへ変更した場合)には、無線通信機能により、RSシリーズの設定が自動的に切り替わりますので、使用している光ファイバに応じて加熱条件を変更する必要はございません。

接続モード変更に応じて被覆除去条件が自動で変更

3. 汎用多心被覆除去機

RS03は本体に装着された被覆除去刃で200μmから400μmまでの被覆に適用しています。

適用可能な被覆径

4.RS03/RS03-80のバッテリ容量

RS03/RS03-80は、被覆除去回数が約600回可能な大容量バッテリ*を搭載しています。

*室温環境下で未劣化バッテリ及びECOモード設定を使った結果です。バッテリの状態、設定および室温環境によってバッテリの容量は変わります。