融着接続機 関連製品
製品画像

多心融着接続機
90R Kit

90Rシリーズは、多心光ファイバを一括で融着接続が可能な多心融着接続機です。
また、標準構成品の交換用V溝はお客様ご自身で取り外し、取り付けが容易で、接続心数に合わせた最適な専用機としてご使用頂けます。

ラインナップ

 90R490R1290R16

外観

融着接続可能な
光ファイバ心数

~4心

~12心

~16心

特長

多心融着技術

多心融着接続機90Rシリーズは3タイプあり、4心、12心、16心の光ファイバの融着接続に適しています。それぞれの多心融着接続機は、最大心数の光ファイバの融着が可能な広い加熱エリアを持っています。電極間隔が広いため、光ファイバに安定した熱を加えます。放電時は熱発光強度を分析し、リアルタイムで放電制御を行います。
90Rシリーズは外径軸調心のため、放電中に発生する光ファイバの表面張力効果により軸ずれを最小限に抑えます。

90R4

90R12

90R16

*90Rのタイプに応じてV溝交換が可能です。

放電時の熱発光強度を分析

新機能

現場で交換可能なV溝

多心融着接続機90RのV溝は放電電極棒と一体となっています。90R標準構成品の交換用V溝はお客様ご自身で取り外し、取り付けが容易で、接続心数に合わせた最適な専用機としてご使用頂けます。また、V溝に付着したゴミによる接続損失発生時も、短時間でV溝を交換し作業継続が出来ます。

高い汎用性

ファイバホルダFH-70-12は、厚さ0.3mmまたは0.4mmのテープ心線や、被覆径200μmまたは250μmの間欠固定テープ心線Spider Web Ribbon(SWR)など、さまざまな種類の12心ファイバに使用可能です。FH-70-12は250µm間隔のV溝があるためSWRやテープ心線を容易に整列可能です。

ピッチ変換ファイバホルダ

ピッチ変換ファイバホルダFH-70-12PCを使用し、各心線の被覆径200μmのテープ心線の間隔を、200μmから250μmに変換可能です。

単心集合工具

単心集合工具RT-02は、12本の単心光ファイバを従来の工具と比べ、より早く簡単に単心集合することが可能な工具です。単心集合用の接着剤は使う必要はなく、RT-02に設置したファイバホルダに、そのまま単心光ファイバをセットすることが可能です。ファイバ挿入時は、RT-02に表示されている被覆色ラベルのスロットに、同被覆色の光ファイバを挿入すればよいため、順序を気にせずランダムに光ファイバを挿入可能です。適用被覆径は、200μm ~250μmで、FH-70-12 PCとセットで使用することで、被覆径200μmの単心光ファイバを250μm間隔に容易に集合することが可能です。

多心融着接続に必要な工具(90R12, 90R16

汎用多心光ファイバストリッパ

多心光ファイバストリッパ RS03は、刃を交換することなく被覆厚が200μmから400μmの光ファイバに適用可能です。

適用可能な厚さ範囲

RS03

汎用加熱器

多心融着接続機90Rは小型補強スリーブ(FPSシリーズ)から最大直径6mmまでの補強スリーブを加熱収縮します。

使いやすさの向上

1. 自動機能

多心融着接続機90Rでは、風防開閉と加熱器クランプ動作を自動操作に切り替えることができます。これにより融着接続作業における操作手順を最小限にできます。

       自動風防開閉                   自動加熱器クランプ

2. 簡単なスリーブ中心出し

多心融着接続機90Rは、加熱器上部にスケールがついていますので、簡単に補強スリーブの中心部へ位置決めが可能です。

3. キャリングケース

90Rのキャリングケースは、作業環境に合わせて様々な使い方ができます。
キャリングケースの蓋を開けて、そのまま即座に融着接続作業が開始可能な他、キャリングケース上部へ融着接続機、工具をセットし融着接続作業が可能な設計になっています。
また、キャリングケースから作業トレイを取り出して使用することもできます。

4. 作業トレイ

新設計の作業トレイは、多くの便利な機能を搭載しています。トレイ下部には、接続作業に必要な工具やバッテリパックが収納できる引き出しスペースが2箇所あります。
また、狭所作業時などは、トレイを分割して作業スペースを確保する使い方ができます。

光ファイバカッタとの連携

1. 切断刃の自動回転機能

90Rは無線通信機能を搭載しています。光ファイバカッタCT50との双方向通信により、CT50の状態をリアルタイム管理しています。融着接続工程で、光ファイバ端面角度検査時に端面角エラーが頻発した場合、90Rは切断刃が摩耗と判断し、切断刃ポジションを変更させることが出来ます。また、CT50は2台同時使用が可能で、常に無線通信で状態を管理しています。

切断刃が自動回転

2. 切断刃の管理

90Rのモニタ画面で、CT50の切断刃の使用率が確認できます。また、使用状況から切断刃のポジション変更、高さ変更、切断刃への交換時期をお知らせします。

3. 多心光ファイバストリッパの管理

90Rの接続モード設定メニューで、
多心光ファイバストリッパRS03の加熱
温度と加熱時間を設定可能です。
接続モード変更時は、無線通信機能により、
RS03の設定が自動的に切り替わります。

接続モード変更に応じてRS03の被覆除去条件が自動で変更