ファイバホルダ FH-70シリーズ

 光ファイバホルダ FH-70 シリーズは、単心ファイバおよび多心テープ心線を融着接続する際の専用工具です。接続作業時に、ホットジャケットストリッパ、光ファイバカッタ、および融着接続機等への光ファイバセットに使用します。
FH-70シリーズは現行機種70+シリーズ、19+シリーズ、12S/12Rの他、旧機種の融着接続機に使用いただけます。ファイバ外径に合わせてご使用ください。

製品特徴
  • 被覆除去、切断時にも利用
  • 光ファイバの心数に応じ単心用から12心用までラインナップ
  • 単心用は被覆径によって250um用、900um用など
カタログ & マニュアル
ファイバホルダ FH-70シリーズ (PDF 292KB)

関連製品

  • 光ファイバ融着接続機 70S+全体写真

    コア直視型単心光ファイバ融着接続機
    70S+

    70S+はPAS(profile alignment system)方式によりコアを観察し光ファイバの種類や品質によらず低損失接続が可能な単心光ファイバ用融着接続機です。風防/加熱器の自動化による作業ステップ及び接続/加熱時間の低減、開ければすぐに作業開始可能となるキャリングケースデザイン、取扱い説明機能の内蔵、周辺工具やスマートフォンとの無線通信機能など、様々な機能を搭載しています。

  • 全体写真

    多心光ファイバ融着接続機
    70R+

    70R+は風防/加熱器の自動化による作業ステップ及び接続/加熱時間の低減、開ければすぐに作業開始可能となるキャリングケースデザイン、取扱い説明機能の内蔵、周辺工具やスマートフォンとの無線通信機能など、様々な機能を搭載しています。

  • 19S全体写真

    単心光ファイバ融着接続機
    19S+

    単心光ファイバ融着接続機 19S+は,風防/加熱器の自動化による作業ステップ及び接続/加熱時間の低減、開ければすぐに作業開始可能となるキャリングケースデザイン、取扱い説明機能の内蔵、周辺工具やスマートフォンとの無線通信機能など、様々な機能を搭載しています

  • 19R全体写真

    多心光ファイバ融着接続機
    19R+

    多心光ファイバ融着接続機 19R+は、風防/加熱器の自動化による作業ステップ及び接続/加熱時間の低減、開ければすぐに作業開始可能となるキャリングケースデザイン、取扱い説明機能の内蔵、周辺工具やスマートフォンとの無線通信機能など、様々な機能を搭載しています。

  • 融着接続機12R 全体写真

    小型多心光ファイバ融着接続機
    12R

    12Rは単心及び最大4心までの光ファイバを接続できる超小型・軽量のV溝固定方式の多心光ファイバ融着接続機です。 従来機に比べ、小型軽量化したことに加え、加熱器の高速化、バッテリの長寿命化、耐環境性能強化など、さまざまな性能を向上しました。 また、キャリングケースについても、小型化・多機能化を行い、使い勝手の良さをさらに充実しています。 単心・2心のドロップケーブル中間接続に対応しました。

  • Single Fiber Fusion Splicer 41S Overview

    単心光ファイバ融着接続機 
    41S

    41Sは単心光ファイバを接続できるV溝可動方式の光ファイバ融着接続機です。
    Bluetoothによる無線通信機能を搭載しており、光ファイバカッタで切断した光ファイバを融着接続機にセットし、光ファイバ端面の切断形状が切断刃の摩耗よって悪化したと判断した場合、無線通信機能を用いて光ファイバカッタの切断刃を摩耗していない位置へと自動変更します。なお、切断刃の残り寿命は画面に表示され、切断刃の交換時期を推察することも可能です。
     また、新しいコア損失推定機能を使用して、接続損失をより正確に推定する機能も備えています。

ページのトップに戻る