多心光ファイバカッタ  CT50

12心までの一括切断が可能な光ファイバカッタです。 融着接続機との無線通信機能が追加され、光ファイバの端面が悪い場合は自動で切断刃の使用位置を変更することが可能となりました。 また、レバーの開閉操作により、屑回収を含む切断作業をワンアクションで完了することができます。
さらに、切断刃の交換をユーザーで行えるようになり、メンテナンスコストの大幅な削減が期待されます。 加えて、耐衝撃性能は従来機から大幅に向上しております。

製品特徴
  • 石英光ファイバ用
  • 最大12本のファイバ切断に対応
  • ファイバー自動屑回収機構を含むシングルアクション
  • 融着接続機との無線通信による自動切断ブレードの回転
  • 切断刃の寿命は最大60,000心
  • レバーの開き角度が広く、ファイバセットが容易な構造
  • 切断刃/クランプパーツ交換はユーザーで可能
  • 耐衝撃性に優れた設計
カタログ & マニュアル
多心光ファイバカッタ CT50(PDF 1335KB) Wireless Certifications(PDF 356KB)

関連製品

  • 全体写真

    多心光ファイバ融着接続機
    70R+

    70R+は風防/加熱器の自動化による作業ステップ及び接続/加熱時間の低減、開ければすぐに作業開始可能となるキャリングケースデザイン、取扱い説明機能の内蔵、周辺工具やスマートフォンとの無線通信機能など、様々な機能を搭載しています。

  • 12心ファイバ用、FH-50-12

    ファイバホルダ
    FH-50シリーズ

    融着接続機FSM-60R、70R用ファイバ被覆保持治具です。被覆除去、切断時にも利用します。

  • 被覆径250μm用ファイバホルダ、FH-60-250

    ファイバホルダ
    FH-60シリーズ

    融着接続機FSM-60S,70S用ファイバ被覆保持治具です。

  • 全体写真

    多心光ファイバストリッパ 
    RS03

    RS03は、単心・多心光ファイバの被覆を除去する為の工具です。操作性を重視したデザインの採用と、被覆を除去する際に必要な力の低減により作業性が向上しております。また、当社従来器比で6倍となる、600回の被覆除去が可能な大容量のバッテリ、さらに各種作業条件設定をより簡単に行うためのスマートフォンとの無線通信など、様々な新機能を搭載しました。 また、複数の単心ファイバ(被覆径250umあるいは200um)を間欠的に接着した最新の光ファイバテープ心線であるSpider Web RibbonTM の被覆除去にも対応しています。

ページのトップに戻る