作業ポイント

選択機種

多心融着接続機
90R シリーズ

90R 対物レンズ清掃方法

このビデオを見る

対物レンズ清掃の必要性

対物レンズが汚れると光ファイバ観察の支障となり、 エラー発生や接続損失が高くなる原因となります。光ファイバを正しく認識させるために、汚れを取り除く清掃が重要となります。

対物レンズが汚れると光ファイバ観察の支障となり、 エラー発生や接続損失が高くなる原因となります。光ファイバを正しく認識させるために、汚れを取り除く清掃が重要となります。

電極棒

対物レンズ

汚れ付着

汚れ無し

対物レンズ清掃の頻度

推奨清掃頻度:月1回(使用頻度によります)

 下記エラーや現象が発生した場合も、清掃を実施ください。
 光ファイバを融着接続機にセットし、接続前検査に於いて

  1. 「右側または左側ファイバに汚れあり」
  2. 「X側またはY側の画面が暗い」
  3. 「左側または右側のファイバが長すぎる」
  4. 「ZLまたはZRモータオーバーラン」
  5. 「ファイバセット位置」
  6. 「軸ズレが大きい」、「端面角大きい」エラーが発生もしくは
    検査ができないとき。
  7.  端面間隔設定ができないとき

 下記エラーや現象が発生した場合も、清掃を実施ください。
 光ファイバを融着接続機にセットし、接続前検査に於いて

  1. 「右側または左側ファイバに汚れあり」
  2. 「X側またはY側の画面が暗い」
  3. 「左側または右側のファイバが長すぎる」
  4. 「ZLまたはZRモータオーバーラン」
  5. 「ファイバセット位置」
  6. 「軸ズレが大きい」、「端面角大きい」エラーが発生もしくは検査ができないとき。
  7.   端面間隔設定ができないとき

清掃用具

メンテナンス手順

1. 風防を開きます。放電電極棒の固定ネジを手で回し、融着接続機から取り外します。

※取り外した電極棒には触らないで下さい。
 特に、電極棒先端は放電に重要な箇所のため、曲げない様に注意して下さい。

1. 風防を開きます。放電電極棒の固定ネジを手で回し、融着接続機から取り外します。

※取り外した電極棒には触らないで下さい。
 特に、電極棒先端は放電に重要な箇所のため、曲げない様に注意して下さい。

2. アルコールを含ませた綿棒で2箇所の対物レンズに付着した汚れを拭き取り清掃します。レンズ清掃に使用する綿棒は各箇所で新しい物を使用し、再利用しないで下さい。この時、光ファイバを観察用LEDも拭き取り清掃してください。

2. アルコールを含ませた綿棒で2箇所の対物レンズに付着した汚れを拭き取り清掃します。レンズ清掃に使用する綿棒は各箇所で新しい物を使用し、再利用しないで下さい。この時、光ファイバを観察用LEDも拭き取り清掃してください。

アルコール

※使用するアルコールは純度99%以上の無水エタノールをご使用ください。

対物レンズ清掃

LED清掃

3. 最後にアルコールを付けない綿棒で対物レンズを乾拭きをし、拭きムラを取り除いて下さい。

3. 最後にアルコールを付けない綿棒で対物レンズを乾拭きをし、拭きムラを取り除いて下さい。

4. 対物レンズ清掃後、融着接続機に放電電極棒を取付けます。

※取り付け時は電極棒には触らないで下さい。また、電極棒の先端を融着接続機本体に当てたり、曲げたりしないように注意して下さい。

5. 融着接続機の電源をONにします。

6. 風防を閉じた状態で、モニタ画面のメインメニューからメンテナンスメニューに入り、画面汚れ検査を実施します。 検査でOK画面が表示で対物レンズ清掃は終了となります。