作業ポイント

選択機種

多心融着接続機
90R シリーズ

90R V溝交換方法

このビデオを見る

V溝を交換をする理由

1. メンテナンス性

融着接続時の放電により溶けたガラスは、V溝や電極棒に固着します。固着量は1回放電当たりの堆積量は微量ですが、長期間使用で固着したガラスは、ファイバの軸ずれを引き起こし、接続ロスに影響を及ぼす場合があります。この固着したガラスは、綿棒や刷毛の清掃による除去が難しいです。

1. メンテナンス性

融着接続時の放電により溶けたガラスは、V溝や電極棒に固着します。固着量は1回放電当たりの堆積量は微量ですが、長期間使用で固着したガラスは、ファイバの軸ずれを引き起こし、接続ロスに影響を及ぼす場合があります。この固着したガラスは、綿棒や刷毛の清掃による除去が難しいです。

光ファイバの軸ずれが発生

2. 異なるピッチのリボンファイバへの対応

近年ケーブルの高密度化が進み200μmピッチの多心光ファイバが登場しています。
90RではV溝が交換可能であるため、200umピッチ対応するV溝【VG12-01-200】と250μmピッチに対応
するV溝【VG12-01-250】を現地で交換可能です。

V溝を交換する頻度

推奨交換頻度:下記の状況が発生したとき

  1. メンテナンス性
    V溝清掃をしてもエラー発生する場合

 2. 異なるピッチのリボンファイバへの対応
   現在装着しているV溝と異なるファイバピッチの接続が必要な場合

交換用V溝
ファイバ間隔250µm 用
VG12-01-250

交換用V溝
ファイバ間隔200µm 用
VG12-01-200

必要なアクセサリ/工具

交換手順

1. 融着接続機の電源をOFFします。

2. V溝の取り外し方

固定ネジ2カ所を外します。

Tips_13_90R_0025_J

上に持ち上げます。

斜めに引き出します。

3. 取り付ける向きを確認します。型番シールが貼り付けられている突起側が加熱器側に取り付きます。

4. 新しいV溝の取り付け方

奥に差し込みます。

Tips_13_90R_0029_J

下におろします。

ネジ2か所で固定します。

5.取り付け後
融着接続機のメンテナンスメニューでカウントを初期化して下さい。
(V溝毎に融着接続機は放電カウントを保存していますので、ピッチ交換時は初期化する必要はありません)

5.取り付け後
融着接続機のメンテナンスメニューでカウントを初期化して下さい。
(V溝毎に融着接続機は放電カウントを保存していますので、ピッチ交換時は初期化する必要はありません)

・V溝ピッチが異なるV溝に交換する時: 放電カウントの初期化は不要
・V溝ピッチが同じ V溝に交換する時: 放電カウントの初期化が必要

・V溝ピッチが異なるV溝に交換する時: 
放電カウントの初期化は不要
・V溝ピッチが同じ V溝に交換する時: 
放電カウントの初期化が必要

 交換後のV溝
200um ピッチ250um ピッチ

現在のV溝
200um ピッチ必要不要
250um ピッチ不要必要