製品画像

多心融着接続機
41R Kit

41Rは無線通信機能を搭載しております。光ファイバカッタCT50との双方向通信は、本体の状態をリアルタイムで管理しています。融着接続工程で、光ファイバ端面角度検査時に端面角エラーが頻発した場合、41Rは切断刃が摩耗と判断し、切断ポジションを変更させることができます。多心光ファイバストリッパRS03との双方向通信では、融着条件の設定によって自動的に加熱条件が変更されます。

カタログダウンロード

特長

自動放電条件制御

1. ファイバ心線数自動判別

41Rは、単心から最大4心までの光ファイバ心線数を自動判別し、接続心数にあった最適な接続条件で融着接続を行うことで、接続損失を低減します。

2. リアルタイム放電コントロール

放電は使用環境の影響を大きく受けます。
41Rは放電中の光ファイバの熱発光強度を解析し、放電条件を適切に制御することで、低損失接続を実現します。

光ファイバカッタとの連携

1. 切断刃の自動回転機構

41Rは無線通信機能を搭載しています。光ファイバカッタCT50との双方向通信により、CT50の切断刃の状態をリアルタイムで管理しています。融着接続の光ファイバ端面角度検査時に端面角エラーが頻発した場合、41Rは切断刃が摩耗したと判断し、CT50の切断刃ポジションを自動で回転させます。

2. 切断刃管理機能

41Rのモニタ画面で、現在の切断刃のポジションおよび各ポジションにおける光ファイバ切断本数を確認することができます。また切断刃を使い切ると41Rのモニタ上に切断刃の交換メッセージを表示するため、適切なタイミングで切断刃を交換することができます。

使いやすさの向上

1. 簡単な補強スリーブの中心だし

多心融着接続機41Rは、加熱器上部にスケールがついていますので、簡単に補強スリーブの中心部へ変更が可能です。

2.汎用加熱器

多心融着接続機41Rは小型補強スリーブ(FPSシリーズ)から最大直径6mmまでのドロップ/インドアケーブル用補強スリーブを加熱収縮することが可能です。

3.消耗部品交換の簡易化

3-1工具不要の放電電極棒交換

41Rの放電電極棒は、固定ネジと一体化されていますので、工具を使わずに手でネジを回して電極棒を簡単に交換可能です。

工具無しで電極棒交換可能

3-2クランプアームと切断刃の交換

光ファイバカッタCT50は、お客様ご自身で切断刃とクランプアームの交換を行うことが可能です。CT50をサービスセンターへ返送する必要がありませんので、メンテナンスコスト削減と作業中断時間の短縮が可能です。

4. キャリングケース

41Rのキャリングケースは、作業環境に合わせて様々な使い方が可能です。キャリングケースの蓋を開けて、そのまま即座に融着作業開始ができる他、標準添付の作業トレイを取り出して融着接続作業をすることも可能です。

5. 作業トレイ

作業トレイは、引き出し構造のため作業スペースの拡張が可能です。また、脱落しにくいロック機構付きのアルコールディスペンサ置きを備えるなど、融着接続作業をサポートする機能を有しています。